国指定史跡 国見山廃寺跡

トップへ

  • 国見山廃寺の歴史
  • 国見山廃寺と平泉文化
  • 国見山廃寺跡のご案内
    • 五重塔
    • 阿弥陀堂
    • 八幡神社
    • 多宝塔
    • 大日堂
    • 本堂
    • 経蔵
    • 地主神社
    • 開山堂
    • 胎内くぐり
    • 戸木の峰
  • アクセス
  • 周辺観光施設

国見山廃寺跡

〒024-2241
岩手県北上市稲瀬町内門岡

お問い合わせ

国見山廃寺跡のご案内

八幡神社(はちまんじんじゃ)

八幡神社(はちまんじんじゃ)

監修:国立歴史民俗博物館名誉教授 濱島正士氏 提供:(社)岩手県建築士会北上支部

八幡神社江戸時代に八幡堂が置かれたこの場所には、かつて八幡神社があったと推定されます。
建物自体は4.8m×4.2mほどですが、社の前に広大な空間が広がっており、極楽寺に青銅龍頭(国指定重要文化財)などの庭儀用の道具が伝世していることや、八幡神が武神であることから、武を持った人々がこのお堂の前で庭儀を行い、戦勝祈願をしていたのではないでしょうか。

八幡神社の位置

一般社団法人北上観光コンベンション協会〒024-0061 岩手県北上市大通り1-3-1おでんせプラザぐろーぶ 1F