国指定史跡 国見山廃寺跡

トップへ

  • 国見山廃寺の歴史
  • 国見山廃寺と平泉文化
  • 国見山廃寺跡のご案内
    • 五重塔
    • 阿弥陀堂
    • 八幡神社
    • 多宝塔
    • 大日堂
    • 本堂
    • 経蔵
    • 地主神社
    • 開山堂
    • 胎内くぐり
    • 戸木の峰
  • アクセス
  • 周辺観光施設

国見山廃寺跡

〒024-2241
岩手県北上市稲瀬町内門岡

お問い合わせ

国見山廃寺跡のご案内

胎内くぐり(たいないくぐり)

胎内くぐり(たいないくぐり)

火山噴出物が風化し、自然の造形によって岩の門が形作られています。
江戸時代の紀行家、菅江真澄が記した『岩手の山』にも「胎内潜」とあるように、古くからこの名前で呼ばれており、修行者たちはこの場所を通ることで自らを浄化し、新たに生まれ変わることができると考えていたのかもしれません。

胎内くぐりの位置

一般社団法人北上観光コンベンション協会〒024-0061 岩手県北上市大通り1-3-1おでんせプラザぐろーぶ 1F